キセキレイのオスとメス
2010年 06月 13日
キセキレイが虫を咥えてチュピーチュピーと鳴いていました。
撮影中の私の背後10メートルほどのところに巣があったので、巣立ちを促しているのかも。
と思ったのですが、雛が出てくる様子はありませんでした。
b0182301_1862338.jpg

b0182301_1863297.jpg

上の写真は同じ個体です。喉のところが白いので、メスでしょうか。
すぐ近くには、喉が黒い別の個体もいました。こちらはオスなのかな。
やっぱり虫を咥えてチュピーチュピーと鳴いていました。
b0182301_1884059.jpg

b0182301_1884792.jpg

このあと、オスは巣に飛んでいき、虫を与えたような感じの動作をしました。
雛が見えたわけでも、雛がねだる声が聞こえたわけでもないので、
ほんとうに与えたのかどうかはわかりません。
しかし咥えていた虫がなくなっていたことは確かです。

巣立ちを促したがまだ出てこないので仕方なくエサを与えた、のか
人間が近くにいたのでなかなかエサを与えに行けず、警戒音を出していた、のか
何か別の状況なのか・・・よくわかりません。

それはそうと、夏羽のオスは喉が黒いんだそうです。
夏羽のメスは、白かったり黒かったりするんだそうです。
知りませんでした。
[PR]
by shironek0 | 2010-06-13 18:18 | 野鳥


<< 水浴びするキビタキ コルリはほんとうに青いのか? >>