ガビチョウの水浴び
2011年 05月 08日
この時期、フィールドでいちばんよく聞こえるさえずりは、ガビチョウによるものではないでしょうか。
声が聞こえるだけでなく、この時期は姿も頻繁に見かけるような気がします。
茂みでエサを食べる以外の活動(子育てとか)もしなければならないでしょうから、目につきやすいのかもしれません。
b0182301_1793016.jpg

多くの方がご存じだろうとは思いますが、ガビチョウは日本の野鳥ではありません。
Wikiによると、「中国南部から東南アジア北部にかけて広く生息」しているのだそうです。
うちの近所では、ウグイスやアカハラが生活していそうな場所でふつうに見られます。
「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」という長い名前の法律で、特定外来生物に指定されているそうです。
「在来種の生活を脅かす悪いヤツ」といった位置づけでしょうか。
フィールドで観察しているぶんには、「なかなか愛嬌のあるヤツ」にしか見えないんですけれどね。

さて、そんなガビチョウが、高麗川沿いの草むらの隙間を器用にくぐり抜けて川辺に出てきました。
水浴びをしにきたようです。
b0182301_1726047.jpg

バシャバシャとやったあとは、すぐ近くの草にあがって水を切っていました。
b0182301_17274379.jpg

b0182301_17275455.jpg

水浴びつながりで、シメも1枚。
b0182301_17345223.jpg

シメは冬鳥だとばかり思っていたのですが、「本州の中部以北で繁殖」とWikiや手もとの図鑑にあるので、
もしかして埼玉では留鳥なんでしょうか?
だとしたら巣立ち雛が見られるかも。見たいなぁ。

↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-05-08 17:40 | 野鳥


<< 高麗川で待ってみる グレー坊主の羽伸ばし >>