カテゴリ:北海道2010年5月( 15 )
白鳥の顔
2010年 05月 24日
今回の北海道で2種類の白鳥を見ることができたので、これまでに計3種類の白鳥を見たことになります。
並べてみようかと思い立ちました。

まずは、以前、川島町で撮ったコハクチョウです。
b0182301_2035517.jpg

続いて、ウトナイ湖で撮ったオオハクチョウ
b0182301_2042726.jpg

クチバシの黄色い部分の形や面積が違うらしいのですが、私には同じ鳥に見えます。
実物を見るとなんとなく違うっぽいようにも思えるのですが、上の2枚の写真ではよくわかりませんね。
それに対してコブハクチョウは明らかに違うので、ちょっとスペシャルな感じがします。
b0182301_2095134.jpg

ちなみに、 うちにも白い生き物がいます。
b0182301_20122316.jpg

[PR]
by shironek0 | 2010-05-24 20:14 | 北海道2010年5月
キビタキ
2010年 05月 23日
北海道で撮った写真も残り少なくなってきましたが、まだ少し残っています。
今日は、苫小牧の北大研究林で撮ったキビタキです。
キビタキはウトナイ湖の林でも何度か見かけましたが、枝かぶりがひどくて撮れませんでした。
研究林のほうでは、広々とした芝生の広場に植わっている見通しのいい木に止まっていました。
b0182301_15354668.jpg

b0182301_15355440.jpg

関東に住んでいると、「キビタキ=標高の高いところ」というイメージがありますが、北海道では低地にふつうにいるようです。
それだけで、なんだかすごいな、と思えてきます。

そうそう、そういえば・・・
旅行中、苫小牧の国道36号線を頻繁に通りました。
片側4車線だったりするとても広い幹線道路です。
苫小牧のあたりではもっとも交通量の多い道路なんじゃないでしょうか。
道沿いには大型店舗や工業施設がそれなりの密度で建っています。
それでですね、この道路の街路樹にアカゲラがいたんですよ。
5kmも行けば北大研究林があったりはするのですが、周囲に森らしいものは見当たりませんでした。
いてもヒヨドリくらいだろう、といった感じの風景の中にアカゲラを見出して驚きました。
苫小牧って、なんだかすごいな、と思いました。
[PR]
by shironek0 | 2010-05-23 15:54 | 北海道2010年5月
ノビタキ(とアオジ)
2010年 05月 22日
今回の北海道旅行は5月の中旬に行ったわけですが、ノビタキはちょうど営巣シーズンだったようです。
鵡川河口付近の草原では、巣材を咥えたメスを見かけました。(※トリミング)
b0182301_18243998.jpg

ウトナイ湖の草原でも、観察舎の周辺でよく目にしました。
b0182301_18262530.jpg

b0182301_18263365.jpg

b0182301_18264396.jpg

ちなみに、ウトナイ湖でもっとも頻繁に出くわすのはアオジです。
さえずりがあちこちから聞こえてきます。
b0182301_18291744.jpg

ノビタキにしろアオジにしろ、撮れるときには至近距離で撮れるのですが、今回、距離は詰められませんでした。
[PR]
by shironek0 | 2010-05-22 18:34 | 北海道2010年5月
ヤマガラ
2010年 05月 21日
どんな鳥も撮ろうと思うとなかなか撮らせてもらえなかったりしますが、
他のものを狙っていると愛想よく撮らせてくれる場合があります。
北大苫小牧研究林のヤマガラも、そんな感じでした。
コガラ(ハシブトガラ?)やセンダイムシクイやエゾリスを目で追っていると、何気に目の前にいたりします。
b0182301_9202786.jpg

b0182301_922858.jpg

落ち葉に埋もれた木の実を探しては食べていたエゾリスのすぐ近くにいたヤマガラです。
エゾリスが枯葉をひっくり返してくれるので、エサが探しやすいのかもしれません。
ドングリのような実を拾っては枝にあがり、クチバシでつついて殻を破って中身を食べていました。
クチバシに食べカスがくっついています。

次の写真は別の場面ですが、やっぱりエサがらみです。
乾燥したトウモロコシの実を、誰かが置いていったようです。
「これ食べられるのかな?」
b0182301_92844.jpg

「なんか、違うような気がする」(おいおい、違わないって)
b0182301_9301830.jpg

カラ類の中でもっとも愛嬌のあるヤマガラさんでした。
[PR]
by shironek0 | 2010-05-21 09:33 | 北海道2010年5月
旅の資料
2010年 05月 20日

今回の北海道ツアーで役立ったWebサイト等の資料をまとめておきます。将来の自分のためではありますが、ご参考までに。

■■■■■■ 交通

商船三井フェリー
大洗―苫小牧。往路で利用しました。東北自動車道と北関東自動車道がつながっているので、大洗へのアクセスは埼玉からもわりとラクでした。羽生IC―水戸大洗IC間の距離は123km。

太平洋フェリー
仙台―苫小牧。復路で利用しました。苫小牧を19時に出航し、仙台に翌日10時に到着します。仙台周辺で少し遊んでいっても、その日のうちに埼玉に戻れます。今回は「鳥の海」に立ち寄りました。仙台港北IC―羽生IC間の距離は310km。

ドラぷら
高速道路情報の検索サイト。経路、料金、ETC割引、SA・PA情報等が検索できます。高速道路を使った経路を考える際にとても便利です。

NAVITIME
一般道も含めた経路検索に利用しています。経路、距離、所要時間等が割り出され、様々な経路を考える際にとても便利です。

道の駅
道の駅の総合サイト。

■■■■■■ 宿泊

じゃらん
宿泊予約サイトはどこでもいいとは思いますが、私はたまたま「じゃらん」を利用しています。特に不都合を感じたことはありません。

コンフォートホテル苫小牧
計6泊しました。部屋は狭いですが、新しくてきれいです。ネット接続環境、共有PC+プリンタ、液晶テレビ(地デジ、BS)、コインランドリー、シャワートイレ、コーヒーサービスと設備も十分。従業員の対応もよかったです。妻と一緒に泊まった初日は5600円。以後一人で泊まって4000円。朝食付きでこの値段なら文句ありません。はじめにここで5泊したらスタンプカードが溜まったので、6泊目は無料でした。唯一、難点に感じたのは、たまにネット接続速度が極端に遅くなったこと。もしかして回線が細い? まぁこれはレアな出来事だったのでヨシとしましょう。

ホテルラヴニール
一泊しました。ラブホテルのような名前だなと一瞬思いましたが、「将来、未来」を意味するフランス語なんだそうな。美瑛駅前のこじんまりとしたホテルです。内装、外装とも、とてもきれいでした。ビジネスホテルというよりは観光ホテルに近いつくりで、ツインの部屋に一人で泊まりました。部屋と浴室が広かったです。ソファーまでありました。朝食付きで7000円。観光地としてはリーズナブルなほうなのかな。ネット接続環境、液晶テレビ(地上アナログ)、シャワートイレと設備もまずまず。ボディーソープ以外にふつうの石鹸が置いてあったのが、なにげに高感度アップです。

■■■■■■ 施設・スポット

今回利用した施設・スポットのWebサイトです。

ウトナイ湖サンクチュアリ
土日祝日しか開いてないので今回は一度も利用しませんでしたが、サンクチュアリ周辺の木道を何度も歩きました。このサイトの「最新自然情報」は旅行前、旅行中のほぼ毎日、チェックしていました。

道の駅「ウトナイ湖」
ウトナイ湖畔の道の駅。キャッシュディスペンサーがあるのが便利です。今回は何度も利用しました。道の駅の目の前に、白鳥とヒドリガモとオオジュリンとカササギがいました。施設内のレストラン「一頭(いっとう)」はお勧め。焼き肉弁当(カルビっぽいお肉たっぷりで美味)、北寄ラーメン(ホッキがのっているあっさり塩味、美味)、カツカレー弁当(しっかりしたカツにマイルドなカレーソース)を食べました。

道の駅「むかわ四季の館」
ここから歩いて鵡川河口に行くことができます。今回は利用しませんでしたが、日帰り温泉と宿泊施設があります。

東北自動車道、上り、上河内SA
このSAのレストラン「あさやホテル」で「ニラもつ鉄板」というのを食べたのですが、これがずいぶんとおいしかったものですから、メモしておこうかと。

■■■■■■ 旅費の概算

・宿泊(7泊、1泊無料)=28,600円
・大洗→苫小牧、乗用車+カジュアルルーム差額=27,550円
・苫小牧→仙台、乗用車+B寝台差額=24,700円
・給油3回=13,550円
・高速道路=11,050円
・雑費、1日3000円×10日=30,000円

ざっとこんなところでしょうか。合計金額は135,450円です。9泊10日だったので1日あたり13,500円。贅沢はしていないのですが、まあこれくらいはかかりますかね。

■■■■■■ メモ

フェリーにはコンセントがある
携帯の充電器を船室に持ち込むべきでした。時間が余るならノートPCも。
フェリーにはスリッパを持っていく
靴を脱いだり履いたりするのが、案外面倒でした。
フェリーには無料のコインロッカーがある
荷物が少々多くても、ロッカーを使えば邪魔にならないと思います。

[PR]
by shironek0 | 2010-05-20 14:56 | 北海道2010年5月
夏羽のオオジュリン
2010年 05月 20日
冬、埼玉でふつうに見られるオオジュリンは当然のことながら冬羽で、オスもメスも同じ顔をしています。
関東でも渡良瀬や霞ケ浦で夏羽を見ることができるようですが、私は見たことがありませんでした。
今回の北海道では、顔が黒くなったオスをあちこちで見かけました。

メスはあいかわらずのオオジュリン顔です。(※トリミング)
b0182301_8361428.jpg


道の駅「ウトナイ湖」の目の前に広がる岸辺で、餌をとっていたオス。
この場所には白鳥が常駐しているので、観光客がひっきりなしに訪れます。
そのため、ここのオオジュリンはかなり人なれしているようです。
b0182301_8372973.jpg

b0182301_8374422.jpg

b0182301_8375158.jpg


草なり木なりに止まっている場面も撮りたいところだったのですが、チャンスは一度しかありませんでした。
鵡川河口付近の草原で撮ったものです。
b0182301_8404136.jpg


ホオジロ系の鳥はたいてい地味ですが、「よく噛むと味が出る」という感じの趣があります。
[PR]
by shironek0 | 2010-05-20 08:44 | 北海道2010年5月
エゾシマリス
2010年 05月 19日
埼玉に帰ってきました。蒸し暑いです。

往きは商船三井フェリーの「さんふらわあふらの」で北海道に渡ったのですが、同じじゃ面白くないので、
帰りは太平洋フェリーの「きそ」に乗って仙台に向かいました。
「きそ」のほうが大きいからか、揺れが少なくてラクでした。B寝台も快適でした。
しかし仙台から埼玉までがけっこう長く、交通費はかえって高くつきます。
総じて、どっちもアリだな、と思いました。

さて、北海道最終日の昨日はウトナイ湖で過ごしました。
目当てのノゴマを見ることはできましたが、写真はダメでした。
次の機会がもしあれば、そのときにはしっかり狙ってみたいものです。

ノゴマはダメでしたが、思わぬ生き物に遭遇しました。エゾシマリスです。
今回の北海道旅行中、何度も行き来したウトナイ湖の木道に、一度だけ姿を現しました。
b0182301_22182762.jpg

b0182301_22183438.jpg

エゾリスよりも小さくて、控えめな雰囲気です。
エゾリス同様、やっぱりスーパーラブリーでした。
鳥はオマケと考えて、リスメインで北海道に行ってみてもいいかも? とか思いつつあります。
秋にまた時間とお金ができるといいんだけど・・・
[PR]
by shironek0 | 2010-05-19 22:26 | 北海道2010年5月
思わぬ出会い
2010年 05月 17日
今回の旅行を計画していたときから、ウトナイ湖サンクチュアリの野鳥情報をずっとチェックしてきました。
昨日、美瑛のホテルでチェックしてみたら、ノゴマが訪れたと書いてあるじゃないですか。
実は北海道でいちばん撮りたいと思っていたのはノゴマです。
今年はノゴマの訪れが遅れていたようで、ほとんど諦めていたのですが、なんとかチャンスだけは巡ってきたようです。

美瑛のホテルをチェックアウトしたあと、寄り道せずに苫小牧に戻ってきました。
お昼前くらいからウトナイ湖の探索を始めました。
木道をしばらく歩いただけで、あっけなくノゴマに出くわしました。
b0182301_20102757.jpg

見つかることは見つかりましたが、距離を詰めることも、いいアングルに回り込むこともできませんでした。
まあとりあえず、見られただけでよしとしておきましょう。

代わりに、というわけでもありませんが、期せずしてカササギに出くわしました。
苫小牧に生息しているとは聞いていましたが、まさか出会えるとは思っていませんでした。
道の駅の目の前の白鳥エリアで、地面をつついていました。
b0182301_2013117.jpg

b0182301_20131384.jpg


もうひとつ、撮れるとは全然思っていなくて、実は眼中になかったチュウヒが撮れました。
自分では識別できていないのですが、サンクチュアリの野鳥情報にチュウヒが載っていたので、たぶんそうだと思います。
b0182301_20453860.jpg

b0182301_20454780.jpg

b0182301_20455782.jpg


顔が白っぽい別の個体が目の前を通っていきました。
b0182301_20464167.jpg

b0182301_20465371.jpg


何羽も来ているのでしょうかね?
北海道最終日の明日は朝からウトナイ湖でがんばってみようかと思っています。
ノゴマ、ビンズイ、ベニマシコ、ノビタキ、チュウヒ、シマリスが目の前に現れますように。
[PR]
by shironek0 | 2010-05-17 20:55 | 北海道2010年5月
センダイムシクイがいるということは・・・
2010年 05月 16日
今日は十勝岳望岳台に行ってみました。
ナキウサギに会えるかも、とちょっとだけ期待していたのですが、気配すらまったくありませんでした。
今日、手ごたえがあれば明日一日粘ってみるつもりだったのに、もう一度行く気にはなれません。
明日はどうしたものか・・・

ナビに従って到着したのは十勝岳望岳台レストハウスです。
おでんとかあるかなぁ・・・という期待もむなしく、閉まっていました。
b0182301_16382328.jpg


レストハウスの横の駐車場からちょっと歩くと、こういう石積みがあります。
ここからの眺めをさえぎるものはまったくありません。
紅葉の時期なんかに来たらさぞかし素晴らしい景色が広がっていることでしょう。
b0182301_164128100.jpg


ここから見える山の一部から煙が上がっていました。
噴火するようなことはないのでしょうか? 少し心配になります。
b0182301_16421016.jpg


さて、景色ばかりなのもアレなので、13日に北大研究林で撮ったセンダイムシクイでも。
ちゃんと識別できているわけではありませんが、「チュイチュイ・ビー」と鳴いていたのでたぶん合っていると思います。
b0182301_16451045.jpg

b0182301_16452361.jpg

センダイムシクイといったら高いところにばかりいる、というイメージがあったのですが、
ここのムシクイたちは低いところでエサをとっていて、撮影のチャンスはまずまずありそうです。
しかし動きが速くてついていけません。
無邪気そうに見えて意外と用心深く、距離もなかなか詰められませんでした。
そんな中、かろうじて撮れたのが上の2枚です。
センダイムシクイが撮れたのはこの日が初めてです。

さて、センダイムシクイと言って思い出すのはツツドリです。
エゾリスを撮っていたとき、例の「ポポ、ポポ」という鳴き声がかなり近くから聞こえてきました。
ツツドリの姿を見たのはこのときが初めてです。
b0182301_16532510.jpg

これを撮ったあと飛んで行ってしまったので、いいアングルは選べませんでしたが、なんとか撮れててラッキーでした。
[PR]
by shironek0 | 2010-05-16 16:57 | 北海道2010年5月
セイタカシギとキアシシギ
2010年 05月 15日
鵡川(むかわ)河口に行ってみました。シギ、チドリで有名な場所らしいです。

b0182301_16303964.jpg

車で入れるのはここまでです。
目の前に見えている川は鵡川ではありませんが、ここにセイタカシギとキアシシギがいました。
写真左に見えている道を1キロくらいでしょうか、進んでいくと、鵡川の河口に出ます。
河口の付近には人工干潟があって、そこにトウネン、メダイチドリ、オオソリハシシギ、ホウロクシギがいました。
しかし距離が詰められず、まともな写真は撮れませんでした。

いくらか近寄れたのはセイタカシギです。
まずは、昨日ウトナイ湖で撮ったセイタカシギから。
顔の白っぽいのと黒っぽいのがいました。
b0182301_1637233.jpg

白っぽいほう。
b0182301_16374938.jpg

黒っぽいほう。
b0182301_1638956.jpg

今日、鵡川付近で見かけたセイタカシギは両者の中間くらいの色合いでした。
b0182301_16385238.jpg


今日はけっこうシャッターを切ったのですが、なぜかぼんやりとした写真ばかりでした。
セイタカシギってピントが合いにくいのかな。。。
キアシシギはなんとかふつうに撮れていました。
b0182301_16413359.jpg

b0182301_16414161.jpg


4日半滞在した苫小牧ですが、明日は十勝岳方面に移動します。
もしかしたらナキウサギに会えるかもしれません。
まあたぶん無理でしょうが、少しドライブしてみよう、という趣旨でもあります。
[PR]
by shironek0 | 2010-05-15 16:47 | 北海道2010年5月