<   2011年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧
溺れる白鳥
2011年 06月 28日
瓢湖には、居残り組みの冬鳥がいました。
体調が悪かったりしたのでしょうか。
営巣地に旅立つことをあきらめて、ここで夏を乗り切ろうとしているようです。

ホシハジロ
たぶんどこかで見たことはあったような気がしますが、ここに載せるのは初めてです。
池に設けられた島で休んでいました。
b0182301_8532117.jpg


白鳥も何羽か残っていました。コハクチョウだと思うのですが、どうでしょう?
b0182301_855169.jpg


池に浮かんでいたコハクチョウが、突然、もがき始めました。
溺れているのかと思いました。
というのはどちらかというと嘘で、これはたぶん水浴びしているのだと思います。
b0182301_8573022.jpg

b0182301_8574015.jpg


↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-06-28 08:58 | 野鳥
あやめにオオヨシキリ
2011年 06月 26日
オオヨシキリはこれまでにたくさん撮ってきました。
冬鳥はいなくなりつつあるものの、夏鳥を撮りに高原に出かけるにはまだ早い、
という中途半端な時期に近所の葦原にやってくるオオヨシキリは、その時期の貴重な被写体です。
みずみずしい葦の若葉の先端でクチバシを大きくあけてさえずる姿は絵としても魅力的で、
これまで、葦原のオオヨシキリを好んで撮ってきました。

とはいえ、葦じゃなきゃイヤ、というわけではありません。
むしろ、葦以外のところにいるオオヨシキリは、見慣れないせいか、とても新鮮に感じられます。
そんな写真を2枚、先日の新潟旅行で撮ることができました。

蓮にとまったオオヨシキリ。
別の個体に追い立てられて、逃げた勢いでここにとまってしまった、といったふうに見えました。
b0182301_9233625.jpg


あやめにとまったオオヨシキリ。
あやめについた虫をとりにきたようです。食べずに運んでいきました。
すぐ近くの葦原で子育てをしているのでしょう。
b0182301_9262642.jpg


↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-06-26 09:29 | 野鳥
マガモの親子
2011年 06月 25日
瓢湖では、マガモを何羽も見かけました。
今回の新潟旅行でいちばんたくさん撮ったのは、結局のところマガモです。

たたずむオス。首の白い輪がチャームポイント。
b0182301_8172698.jpg


子育て中のメスにも出くわしました。
営巣するためにどこかから瓢湖にやってきたのか、
越冬していた個体が今年はたまたま瓢湖に居残り、そのまま営巣したのか、
あるいは瓢湖にずっととどまっているグループがいるのか、
そのへんの事情はわかりませんが、とにかくカモの赤ちゃんはむちゃくちゃかわいい。
b0182301_8272596.jpg


子どもたちに示唆を与える(?)お母さん。「坊や、あれはカメラマンよ、近寄らないで!」
b0182301_8274445.jpg


ベイビーズ。カメラマンなど眼中にないようです。
b0182301_8315888.jpg

b0182301_8321037.jpg


私の存在などまったく気にせず、どんどん近寄ってきました。
b0182301_836477.jpg

b0182301_8365659.jpg


さらに接近。
b0182301_8371126.jpg


↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-06-25 08:58 | 野鳥
ヨシゴイ
2011年 06月 24日
一泊二日で新潟に行ってきました。
二日目は朝から本降りの雨で写真どころではありませんでしたが、初日にいくらか撮ることができました。
その中から、瓢湖で撮ったヨシゴイです。
b0182301_8234750.jpg

ヨシゴイは、このブログを始めるよりも前に、霞ケ浦の近くの蓮田で撮ったことがあります。
しかしこのブログに載せるのは今回が初めてです。
瓢湖の蓮は、葉の密度がまだまだまばらで、つぼみもほとんど付いていませんでした。
ヨシゴイは、比較的葉が密に茂っているエリアを選んで、エサをとろうとしていたようす。

水面に浮いている蓮の葉の上を歩いて移動。
b0182301_8292162.jpg


遠くて分かりにくいのですが、小さな魚をつかまえたようです。
b0182301_8295087.jpg


ヨシゴイの習性も瓢湖の地形も把握できていないという手探りの状態だったので、
長い時間一か所にとどまるようなことはせず、池の周囲を見てまわりました。
瓢湖にいたのは3時間くらいだったでしょうか。
その間、一度だけ、ヨシゴイが目の前にやってきました。
蓮の葉のあいだからかろうじて姿が見える、というギリギリのアングルです。
ここで大きなうなぎでもつかまえたら面白いのに、と思いましたが、つかまえませんでした。
b0182301_8491742.jpg


【旅のメモ】
鶴ヶ島ICから300km。4時間。午前3時とかに出れば、日帰り強行も不可能ではない?

福島潟の目の前にある菱風荘(りょうふうそう)という宿泊施設に泊まりました。
蔵造りふうのコテージはまだかなり新しいようで、木の香りがただよっていました。
食事は、キッチンを使って自分で用意します。
もっとも、私たちが食べたのはカレーヌードル、おにぎり、フルーツグラノーラなので、お湯をわかしただけですけど。
チェックインしてしまえば、従業員や他のお客さんの姿をまったく目にすることなく過ごせます。
これはけっこういいものだな、と思いました。
本なんか読み始めたらすごく集中できそうです。
今回は、読み始めたらすぐに眠くなってしまったので、10ページくらいしか進みませんでしたけど。

「瓢湖の主」と呼んでもよさそうな風格を備えたおじさんが、声をかけてくれました。
おじさんによると、ヨシゴイを撮るのに最適な時期は7月20日前後なのだそうです。
そのころにまた出かけたいものだと思っています。

↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-06-24 09:32 | 野鳥
バンとカイツブリ
2011年 06月 20日
バンの写真が撮れました」と高らかに宣言するほどの写真を撮りたいものだと、ずっと思っています。
バンは珍しい鳥でもないし、さほど気のきいた格好をしているわけでもないのですが、
なかなかうまく撮れないものだから、なんとかモノにしてやりたいものだと思っています。
すぐに遠ざかっていくし、なかなか目が写らないし、黒いので露出も難しいしと、けっこうな難易度なんじゃないでしょうか。
今日もチャレンジしてみたのですが、満足できる撮れ具合ではありませんでした。
b0182301_1544919.jpg

b0182301_1545791.jpg

b0182301_155513.jpg

ご覧のように、蓮に覆われています。
ここでは、カイツブリが営巣していました。
まだ卵を温めている段階でしょうか。雛がかえるのが楽しみです。
b0182301_1565049.jpg

こちらは、エサをとっていたようです。
b0182301_15163695.jpg

いきなり目の前に現れました。
b0182301_15164473.jpg

b0182301_15165416.jpg


↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-06-20 15:21 | 野鳥
多彩なササゴイ
2011年 06月 13日
先週撮ったササゴイです。
b0182301_936471.jpg

前回のササゴイの記事では、「ササゴイの姿が、コンクリートの風景に溶け込んでいます」と書きましたが、
今回の写真を見ると、水流の青に溶け込んでいることが分かります。
動物番組だったら、「獲物となる小魚に違和感を与えない姿」とでも説明されそうです。
b0182301_9363336.jpg


それはそうとササゴイは、いろんな格好をしてくれるので撮っていて飽きません。
枚数がちょっと多くなりますが、お付き合いくださいませ。

まずは基本姿勢。なかなか凛々しい。
b0182301_9462533.jpg


正面から見たところ。首の中央を走る白いラインが、白飛びしやすい要注意ポイントです。
b0182301_9475361.jpg


後ろ姿。ひときわ色の濃い頭の羽からは、民族の誇りのようなものが感じられます。
b0182301_951912.jpg


身をよじらせている場面。
映画『ドラゴン・キングダム』でジェット・リーが披露している蟷螂拳(とうろうけん)の構えに匹敵するかっこよさ。
しかしこれはたぶんカンフーではなくて、猛禽が飛び立ったことを察知して、それに反応しようとしているのだと思います。
b0182301_9515812.jpg


弾丸のような格好になって、上空の猛禽を見つめています。
b0182301_956477.jpg


伸びあがってさらに凝視。この角度から見た顔つきが、もっとも魅力的かも(?)。
b0182301_9582797.jpg


↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-06-13 10:20 | 野鳥
伊佐沼のカイツブリ
2011年 06月 11日
数日前に伊佐沼で撮ったカイツブリです。
b0182301_90364.jpg

b0182301_904437.jpg

b0182301_905472.jpg

古代蓮の葉が水面に浮かんでいました。
これから茎がどんどん伸びてきて、大きな葉が水面を覆い隠してしまうでしょう。
そうなるとカイツブリを撮るのも少し難しくなってきます。
蓮がまだあまり育っていないいま時分が、撮るにはいい時期なのかもしれません。

カイツブリの巣を少なくとも2つ、見つけることができました。
どちらも、抱卵中であるように見えました。
雛がかえったころを見計らって、もう一度出かけたいものです。

この時期の伊佐沼では、ほかに、バンとカルガモの雛も期待できそうです。
コアジサシが目の前でダイビングしてくれる可能性もあります。
オオヨシキリの声も聞こえていました。
まる一日がんばるようなフィールドではありませんが、退屈せずに過ごせそうです。
難点はいいアングルが選びにくいことで、晴れた日はギラギラした光線に悩まされるかもしれません。
うす曇りの日に出かけられたら、いちばんなんじゃないでしょうか。

↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-06-11 09:18 | 野鳥
ハンサムなオオヨシキリ
2011年 06月 09日
キジがいるといいなぁと思って出かけた公園で、キジではなく、オオヨシキリに出くわしました。
オオヨシキリを撮るときのとっておきのポイントがあって、ふだんはそこで撮るのですが、今回は別の場所ということになります。
今日撮ったオオヨシキリは、いつものオオヨシキリよりもハンサムに見えます。
b0182301_1652383.jpg

この公園に来ているオオヨシキリはみんなハンサム遺伝子を持っているのか?
たまたまこの個体がハンサムなのか?
そもそも、このオオヨシキリをハンサムだと思っているのは私だけなのか?
何ひとつはっきりとはしませんが、ギョギョシゲシゲシと鳴いている姿も、私にはハンサムに見えます。
b0182301_16555756.jpg

b0182301_16571989.jpg

b0182301_16572678.jpg

↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-06-09 17:00 | 野鳥
ササゴイのいる堰の風景
2011年 06月 08日
高麗川の堰でササゴイの写真をたくさん撮りました。
そのうち、ササゴイとの距離が遠めのものを集めてみました。
ササゴイといえばこの堰でばかり撮っているので、私がイメージするササゴイの姿は水の流れとセットになっています。

堰の上段に降り立ったササゴイ。
エサの小魚を待ち構えるべき場所を見定めようとしているのでしょうか。
b0182301_13532581.jpg


ひとつ下の段におりて、くだっていきます。
このスロープの先は段差になっていて、小さな滝が形成されています。
b0182301_1354525.jpg


滝の下におりてきました。
この三角形のコンクリートブロックの一帯が、かっこうの待ち構えポイントになっているようです。
b0182301_13563698.jpg


ブロックの上を歩いて移動中。
ササゴイの姿が、コンクリートの風景に溶け込んでいます。
コンクリートに擬態する方向に進化してきたのか、と思えるほどです。
b0182301_1357182.jpg


ブロックの隙間を見つめています。
魚が飛び出してくるには、水量が足りないような。。。
b0182301_1494357.jpg


もう少し水の多い場所に移動してきました。
b0182301_1410108.jpg


さらに、滝が落ち込んでいるすぐ近くにまで移動してきました。
b0182301_14203423.jpg

小魚が飛びはねそうな場所に見えます。
しかも、撮影しやすい、ちょうどいい距離です。
ここでエサをとってほしいところなんですが、とらずに去ってしまいました。

↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-06-08 14:38 | 野鳥
キジ
2011年 06月 07日
日本の国鳥であり、狩猟鳥でもあるキジ
b0182301_2011283.jpg

近所でふつうに見かけますが、狩猟対象であるからか、とても臆病で、かなり遠い距離にいても警戒されます。
すぐに藪の中に引っこんでしまうため、頻繁に見かけるわりに撮れません。

上の写真は、これまでに撮れたキジのなかではベストです。
とはいえ、そんなにいい条件ではありません。
暗い林の内部にいるため色がもひとつ出ていませんし、手前の蔓も邪魔くさい。
唯一面白いなと思うのは、倒木の上に乗っていることです。
地面以外の場所にいるキジなんて、なかなか見られないような気がします。

↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-06-07 20:11 | 野鳥