スズメとオオバン
2011年 12月 21日
レンタルビデオ屋さんに行ってみたら、目当ての映画3本のうち2本が貸し出し中だったものだから、
何も借りずに帰ってきました。
レンタル料値下げキャンペーンが効果を発揮しているようです。
この冷え冷えとした屋外で遊ぶよりも、暖かくした部屋の中でビデオでも観て過ごしたい、
と思うのは私だけではないようです。まあそれが普通ですよね。

バス釣りをしていたころなんて、
竿先の水滴が凍るような早朝からボートに乗って霞ケ浦に浮かんでいたものです。
ヘラ釣りをしていたころも、エサが凍るような早朝から桟橋にあぐらをかいていたものです。
ゴルフをやり始めたころも、ティーが刺さらないほどカチカチに凍ったティーイングラウンドで
震えながらドライバーを振り回していたものです。
最近、そういうバカみたいな情熱が湧かなくなってきました。
これは幸せなことなのか、その逆なのか?

さて、数日前に撮った写真の余りものからスズメ
ベンチに座っていた私の足元にまでエサを探しにくるほど、人なれしていました。
他の野鳥たちにも見習ってほしいものです。
b0182301_10133856.jpg


続いて、ヒドリガモやカルガモたちが集う池に1羽だけ混じっていたオオバン
b0182301_10375472.jpg

b0182301_1038010.jpg

このオオバンは、散歩の人からカモたちに与えられるエサを目当てにしているようでした。
人から与えられる可能性のある危害と恩恵を秤にかけた結果、恩恵のほうが大きい、
とこのオオバンは見積もったのかもしれません。

この太字部分のような書き方が妥当だとするならば、オオバンには知性がある、と言えそうです。
多くの動物たちには、人間の言葉にある程度翻訳できるような知性(とでも呼ぶべきもの)が
備わっているんじゃないかしら、とときどき思うものですから。
ウィリアム・コッツウィンクルの『ドクター・ラット』に描かれているような動物たちの世界も、
実はちょっとはあったりしてね、とか思わないでもない今日このごろです。

↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
# by shironek0 | 2011-12-21 10:50 | 野鳥
ヒドリガモとハクセキレイ
2011年 12月 19日
ミコアイサが期待できる池に行ってみました。
ミコアイサはいませんでした。
数日前にはいたのだと、散歩のおじさんが言っていました。
運がよければ、この冬もまた出くわすことがあるでしょう。

今日はヒドリガモを軽く撮ってきました。
オスたちを従える女王、といった感じに撮りたかったのですが、そういう絵にはなりませんでした。
b0182301_17374819.jpg

b0182301_1737547.jpg


それと、ハクセキレイ
地面でエサをとっていました。すっかり冬羽の装いです。
b0182301_17384467.jpg

ロープに止まったハクセキレイはまだ黒々としていました。
これからグレーっぽく変わっていくのでしょうか。
b0182301_1740479.jpg

b0182301_17401496.jpg


朝のうちは日差しがなくて寒かったです。
これからの時期、鳥を撮るのもたいへんです。
昨日、図書館で本をたくさん借りてきたので、部屋にこもっていたほうが楽しいかしら、
と思わないでもない今日このごろ。

↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
# by shironek0 | 2011-12-19 17:43 | 野鳥
オカヨシガモとか
2011年 12月 16日
オカヨシガモを撮りに行ってきました。
と書くとなんだかオカヨシガモを狙って撮りに出かけたみたいですが、実際はそうじゃなくて、
「なにがしかのカモがいるだろう」という程度の軽い思惑を抱いて出かけました。
そしたらオカヨシガモがいたので、これを中心に池のカモを撮ってきました。

オカヨシガモはこの池でしか見たことがありません。
個体数も数羽程度で、大きな群れを見たこともありません。
私の中ではわりとレア度の高いカモのひとつなんですが、
この池の常連さんたちはレア度なんていう相対的な価値基準に惑わされることなく、
ひたすらカワセミのみを狙っています。
カワセミの絶対的な美しさにこそ価値を見出しているようです。
どんな文化圏に属する人でもカワセミはきれいだと思うんじゃないでしょうか。
そういう意味で絶対的な美しさがあるのではないかと。

オカヨシガモについては食糧としか見ない文化もあるかもしれませんが、
よく見るとなかなかかわいらしい顔をしていていいものです。
一見地味なボディーにも精細な模様が施されていますし。
b0182301_15581083.jpg

b0182301_15581716.jpg

b0182301_15582689.jpg

続いてカルガモ
散歩の人が池に近づいてくると、何かもらえるんじゃないかと集まってきます。
この池のカルガモは人との距離がかなり短く、目いっぱいに写すことができます。
b0182301_160912.jpg

b0182301_1601568.jpg

b0182301_1602466.jpg

最後は、今日あまり狙わなかったヒドリガモ
どういうわけだか今日はヒドリガモを撮る気分があまり湧きませんでした。なので1枚だけ。
b0182301_1611748.jpg


↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
# by shironek0 | 2011-12-16 16:04 | 野鳥