タグ:オオジュリン ( 5 ) タグの人気記事
オオジュリン、再び
2012年 03月 14日
おととい満足に撮らせてもらえなかったオオジュリンを狙いに、今日も同じ場所にでかけてみました。
農耕地の脇を流れる小さな川です。
川辺にはあちこちにネコヤナギが生えていて、ちょうど新芽がついています。
それをオオジュリンが食べにきてくれるといいなと思っていたのですが、やってきたのはヒヨドリでした。
b0182301_12425877.jpg

オオジュリンの目当てはネコヤナギではなく、川のほとりにたくさん残っている枯れススキでした。
乾燥した茎をパチパチと割る音が聞こえてきたので、フェンスに寄りかかってフェンスと一体化していたら、
「あれは人間ではない、フェンスだ」と認識してもらえたらしく、
少なくとも4羽のオオジュリンが私の目の前で気兼ねなく食事をとりはじめました。
オスはいくらか顔が黒くなっています。
b0182301_12493517.jpg

b0182301_12494352.jpg

次の2枚もオスなんじゃないかと。
のどのあたりと頭のところどころが黒くなりつつあります。
b0182301_12495111.jpg

b0182301_12495857.jpg

次の3枚はどうでしょう、なんとなくメスなような気が。
ただの冬羽なのかもしれませんが、顔つきがやさしく見えるのでメスなんじゃないかと。
b0182301_12524428.jpg

b0182301_12525015.jpg

b0182301_12525648.jpg

そんなわけで、茎が手前にかぶった写真を量産してきたわけですが、
なんとか使えるものもあってよかったです。

↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2012-03-14 12:59 | 野鳥
オオジュリン
2012年 03月 12日
昨日、散歩していたらオオジュリンに出くわしました。
今日の午前中、その場所に撮りにでかけてみました。
今日もいることはいましたが、昨日より数が減っていました。
これといったチャンスに恵まれず、証拠写真を1枚だけ。
b0182301_14315296.jpg

しかしこの時期、花粉にやられてダメですね┐(´ー`)┌


↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2012-03-12 14:32 | 野鳥
新潟のジョウビタキ
2011年 04月 16日
一泊二日で新潟に行ってきました。
Maxときに乗るのと、有名な探鳥地を見学するのが今回の目的です。
がっつり野鳥を撮ってやろうという感じではなかったので、500ミリのレンズは持っていきませんでした。
持っていったのは24ミリと300ミリの2本です。

初日に訪れたのは福島潟
白新線の豊栄駅から小一時間歩けば到着します。
b0182301_923233.jpg
ご覧のように菜の花が一面に植わっていましたが、まだ咲き始めの段階。
オオヒシクイやオオハクチョウといった冬鳥はもういませんでした。
ここではオオジュリンを見かけたくらいです。

二日目に訪れたのは鳥屋野潟
新潟市街の古町にあるビジネスホテルから歩いて向かいました。
2時間くらいはかかったでしょうか。
街並み見物に興味がない場合は、バスで行くのがよさそうです。
b0182301_9131673.jpg
鳥屋野潟の周囲には桜が植わっていました。
ようやく咲き始めようかという段階でした。

ここでは鳥の写真も少し撮りました。
鳥屋野潟を横切るアオサギ
背景にあるのは東北電力ビッグスワンスタジアム。
冬場に行ったら、ハクチョウやらヒシクイやらがこの構図で撮れるかも。
b0182301_916935.jpg

オオジュリンが一瞬、目の前に出てきました。
b0182301_9241440.jpg

ジョウビタキがまだ残っていました。
止まっているのは桜の枝です。花が咲いていればなぁ・・・
b0182301_926582.jpg

b0182301_9261499.jpg

b0182301_926265.jpg


結局、もっとも気前よく撮らせてくれたのはジョウビタキでした。
冬鳥の季節でも、夏鳥の季節でもない、という中途半端な時期なので、
300ミリが無駄にならなかっただけで上出来でしょう。

福島潟にしろ鳥屋野潟にしろ、じっくり腰を据えて撮ったらとても楽しそうです。
夏場なら車でも安心なので、ヨシゴイが来たころにもう一度、こんどはゴーヨンを持って行ってみたいものです。
さらに、新潟は新幹線のおかげでアクセスがいいので、雪の時期にも行けそうだという感触を得ました。
これまでは新潟県の存在を見逃していましたが、旅行がてら鳥を撮るのにかなりいいかもしれません。

↓クリックしても、害はないと思います。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-04-16 09:45 | 野鳥
夏羽のオオジュリン
2010年 05月 20日
冬、埼玉でふつうに見られるオオジュリンは当然のことながら冬羽で、オスもメスも同じ顔をしています。
関東でも渡良瀬や霞ケ浦で夏羽を見ることができるようですが、私は見たことがありませんでした。
今回の北海道では、顔が黒くなったオスをあちこちで見かけました。

メスはあいかわらずのオオジュリン顔です。(※トリミング)
b0182301_8361428.jpg


道の駅「ウトナイ湖」の目の前に広がる岸辺で、餌をとっていたオス。
この場所には白鳥が常駐しているので、観光客がひっきりなしに訪れます。
そのため、ここのオオジュリンはかなり人なれしているようです。
b0182301_8372973.jpg

b0182301_8374422.jpg

b0182301_8375158.jpg


草なり木なりに止まっている場面も撮りたいところだったのですが、チャンスは一度しかありませんでした。
鵡川河口付近の草原で撮ったものです。
b0182301_8404136.jpg


ホオジロ系の鳥はたいてい地味ですが、「よく噛むと味が出る」という感じの趣があります。
[PR]
by shironek0 | 2010-05-20 08:44 | 北海道2010年5月
ウメよりネコヤナギだな
2009年 03月 10日
越生の梅林に行ってみました。ちょうど見ごろのようで、平日にもかかわらず大勢のお客さんが訪れていました。駐車場代は400円、入園料は200円です。ちなみに甘酒も200円でした。おいしかったです。

もしかしてメジロいたりして、と思ったのでサンヨン(300mm、F4)を持っていきました。でもメジロはいませんでした。しかたがないので梅の花を撮ってみました。

b0182301_20201071.jpg


はぁ、なんだかねぇ ┐(´ー`)┌ 花ってどうやって撮るのかなぁ … ちっともわかりません。

花はムリだな、と思ったのでハチを撮ることにしました↓

b0182301_20203087.jpg


しかしこれもどうなんだろw

そんなわけで、梅よりもネコヤナギのほうがいいな、ということが明らかになりました。

昨日紹介したように、浅羽ビオトープのネコヤナギにはベニマシコやホオジロが訪れます。しかしこれらだけではありません。ウグイスもやってきます↓ なお、以下の写真はゴーヨン+1.4倍テレコンで撮ったものです(トリミングした画像です)。

b0182301_2021419.jpg


ウグイスは相当かわいらしい、というか美人な鳥です。ぜひ撮りたいものだと思っているのですが、なかなか撮らせてくれません。そもそも姿を見せてくれないし、たまに出てきても動きっぱなしで撮りづらいです。いつかシャープに撮ってみたい鳥リストに追加してあります。

オオジュリンはもっぱら葦の茎にしがみついていますが・・・↓

b0182301_20215169.jpg

Nikon D100,Ai AF-S Nikkor ED500mm F4D(IF) + TC-14E
1/640;5.6;Aperture Priority;0;Pattern


ネコヤナギに出てきてくれる場面もありました↓

b0182301_20224645.jpg

Nikon D100,Ai AF-S Nikkor ED500mm F4D(IF) + TC-14E
1/640;5.6;Aperture Priority;0;CenterWeightedAvg


浅羽ビオトープでオオジュリンを狙う人をまだ見たことがないのですが、もしかしてみなさん、気づいてないのかなぁ・・・それとも、全然人気がないんですかねぇ? ぼんやりとした顔立ちが愛らしい素敵な鳥だと思うんですけど。
[PR]
by shironek0 | 2009-03-10 00:00 | 野鳥