タグ:ケリ ( 7 ) タグの人気記事
ケリ
2011年 07月 10日
実家に滞在しているときの楽しみのひとつは、ケリに会いにいくことです。
車で10分も走れば、ケリが常駐している田園地帯に到着します。
今回も何度か、ケリの田んぼを訪れました。
しかしうまくアプローチすることができませんでした。

写真を撮るためには、まずケリを見つけなければなりません。
これは難しくありません。テキトウに車を走らせていれば、どこかでケリに出くわします。
しかし、ケリの居場所が問題です。
ケリのいる田んぼは、車を止めておいても通行の邪魔にならない道路に面していなければなりません。
車から降りるとすぐに飛んでいってしまうからです。

車の中から撮れる場所でケリを見つけることが、なかなかできません。
それでもメゲずに、今朝もちょっと出かけてみました。
ようやく、条件のいい田んぼが見つかりました。

アゼでたたずんでいるところ。
b0182301_11292774.jpg


このアゼの横に、稲の植わっていない田んぼがあります。
ここがえさ場になっているようです。
b0182301_11303685.jpg

b0182301_11305178.jpg


車を警戒することなく、近くまで来てくれました。
b0182301_1131165.jpg

b0182301_11323813.jpg

b0182301_11331271.jpg


↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-07-10 11:39 | 野鳥
タシギの水浴び
2011年 04月 01日
愛知県の実家に帰省しています。
知多半島南部の海岸や藤前干潟に行ってみたのですが、成果はありませんでした。
なにげに、実家の近くの田んぼがいちばんだったりするようです。

今日もケリに相手をしてもらいました。
b0182301_16202825.jpg

ほとんどの田んぼは乾いているのですが、一部、水がたまっている場所がありました。
ここでケリはエサをとっていました。
b0182301_16222637.jpg


タシギもエサをとっていました。
ぬかるんだ地面に、長いくちばしを突き刺していました。
b0182301_16283226.jpg

空腹がいやされたのか、水たまりでひとやすみ。
b0182301_1630348.jpg

この格好になってやることといえば、水浴びです。
b0182301_1631595.jpg


タシギは、少なくとも3羽いました。
水場に集まってきたのかもしれません。
6羽ほどのタゲリの群れも、おそらくぬかるみを求めて、ここにやってきました。
しかし、ずっと陣取っていた1羽のケリに、激しく追い払われました。
タゲリたちが滞在したのは一瞬で、証拠写真を1枚撮るのがやっとでした。残念。
b0182301_1638311.jpg


↓クリックしても、害はないと思います。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-04-01 16:49 | 野鳥
早春のケリ
2011年 03月 28日
愛知県の実家に帰省しています。
車で10分も走ると、ケリがたくさんすんでいる田園地帯に到着します。

b0182301_21371449.jpg


なぜ「早春」かというと、オオイヌノフグリが写っているからです。
写っているのは次の写真だけですれども><
b0182301_21383252.jpg


道路をわたるケリ。
b0182301_21391716.jpg

道路をわたったケリ。
b0182301_21393268.jpg


以前、田植えが終わってしばらく経ったころに、ここでケリを撮ったことがあります。
そのときは、ちょうど子育てをしている最中でした。
田んぼに水が入ったころに、また帰省できたら楽しいかもしれません。

↓クリックしても、害はないと思います。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-03-28 21:46 | 野鳥
ケリ
2010年 11月 21日
今日のような暖かい穏やかな日は、外でご飯を食べるだけでも幸せです。
我々夫婦の最近の流行は、マクドナルドのドライブスルーでハンバーガーを買って、
田園地帯に行って鳥を見ながら食べることです。
今日はタゲリがいる可能性のある田んぼでハンバーガーを食べました。

飛んでいたのはラジコン飛行機くらいで、タゲリは見当たりませんでした。
そこで、ケリのいそうな田んぼに移動しました。
15羽ほどのケリがくつろいでいました。

冬の田んぼで写真を撮ると、地面の土色一色になりがちです。
イネのひこばえが入るだけでも、ちょっと嬉しい気分になります。
これがもう少し近ければ、といったところでしょうか。
b0182301_1802169.jpg

ケリはきっと、写真の背景のことなどまったく気にせず行動しているので、
やっぱり地面べったりの写真が多くなってしまいます。
b0182301_1812258.jpg

b0182301_1814916.jpg

b0182301_182630.jpg

[PR]
by shironek0 | 2010-11-21 18:06 | 野鳥
タゲリとケリ
2010年 01月 22日
川島町の田んぼをめぐってきました。
風が強くて、喉がイガイガします。

タゲリが5羽いました。
車の中で観察していたら、たいして近くもないのにミューと鳴いて3羽が飛びました。
しかし残りの2羽のうちの1羽が、少しずつ近づいてきました。
b0182301_1505925.jpg

さらに近付いてきてくれたのですが、光の向きが悪くて目が出ませんでした。
b0182301_1513774.jpg


別の田んぼに移動したら、こんどはケリがいました。
名前に「田」は付きませんが、田んぼにいました。
関東にもいるんですねぇ。子育てシーズンが楽しみです。
b0182301_1563865.jpg

じわーと車を移動させて近寄ってみました。
首をすくめています。警戒しているんでしょうか。
b0182301_1584716.jpg

「この車、なんかあやしい・・・」
b0182301_1585819.jpg


ケリの1枚目以外は車の中から撮ったものです。
見下ろすアングルになるので、地面がべったりと写ってしまいます。
車から出て畦にでも座り、低い位置で構えたいところです。
こんどは飲み物や食べ物を用意して、半日粘るつもりで狙ってみようかしら。
もしかしたら近寄ってきてくれるかも?
[PR]
by shironek0 | 2010-01-22 15:16 | 野鳥
アマサギとチュウサギ
2009年 06月 22日
6月6日というのはもう2週間以上前のことですが、愛知県の実家にいました。この日は夕方時間があったので、近所の田んぼにケリを探しに行きました。

b0182301_10365818.jpg
Nikon D100,Ai AF-S Nikkor ED500mm F4D(IF) + TC-14E (以下、同じです)
1/250;F5.6;Aperture Priority;+0.7;Spot;ISO200


ケリについてはすでに書きましたが、ケリ以外にチュウサギも撮りました。飾り羽がいい感じにたなびいていました ↓

b0182301_10441286.jpg
1/640;F5.6;Aperture Priority;0;Spot;ISO200


あまり自信はありませんが、足指が黒かったのでたぶんチュウサギなんだと思います。夏鳥だということを、今回初めて知りました。アマサギと一緒に数羽のゆるい群れを成して、エサを探していました。

↓ 何か(オタマジャクシ?)を見つけて食べるところです。
b0182301_10492125.jpg
1/640;F5.6;Aperture Priority;0;Spot;ISO200


アマサギもエサを探していました。夏羽完成間近といった段階でしょうか。
b0182301_10524154.jpg
1/400;F5.6;Aperture Priority;0;Spot;ISO200


↓ 精悍な顔つきがかっこいいです。
b0182301_10555798.jpg
1/400;F5.6;Aperture Priority;0;Spot;ISO200


↓ 背中にも色がついているあたり、白サギ類のなかではダントツにダンディーかと。
b0182301_1103453.jpg
1/750;F5.6;Aperture Priority;0;Spot;ISO200


↓ 最初チュウサギかと思ったのですが、クチバシの基部と額のあたりにうっすらと色がついています。どうやらこれもアマサギのようです。
b0182301_1121229.jpg
1/750;F5.6;Aperture Priority;0;Spot;ISO200


車の中から手持ち撮影していたので、縦構図が多くなっています。縦構図にするとなんとなく玄人っぽく見えます(気のせい?)。もっと取り入れたいところですが、ふだんは一脚を使っているので、実質的に縦構図にできません。自由雲台を付けるという手はあるかもしれませんが、そうすると、「手持ち撮影と同程度に迅速にフレーミングできる」という一脚の利点がなくなってしまいます。

構図の自由度、フレーミングの素早さ、ブレを抑える安定度、この3点で大雑把に評価すると次のような感じでしょうか。

b0182301_11523046.gif

これを踏まえて、自分の撮りたい鳥の種類や撮り方に応じて適切なセッティングを選んでいく、ということになりましょうか。私の場合は、「適当に歩きまわって出会った鳥をさっと撮る」というスタイルが多いので、やっぱり一脚がベストかなぁと思っています。「カワセミがこの枝に止まるのを待つ」なんていう場合は三脚が断然有利だと思いますが、ずっと待つのが苦手なので三脚の出番はあまりありませんです。
[PR]
by shironek0 | 2009-06-22 12:06 | 野鳥
ケリ
2009年 06月 06日
愛知県の実家にいます。明るいうちに到着したので、近所の田んぼを見にいってみました。まだ一度も見たことのないケリが、あちこちにいました。もっともありふれた鳥の一種、と言えるくらいにたくさんいました。

若い稲で一面緑に見える田んぼを注意深く見てみると、こんな感じで顔を出していたりします ↓

b0182301_20353083.jpg
Nikon D100,Ai AF-S Nikkor ED500mm F4D(IF) + TC-14E (以下同じ)
1/500;5.6;Aperture Priority;0;Spot;ISO200


車をテロテロと走らせて、近い距離のケリを探します。休憩中のケリを発見。逆光ですが、飛ばれることなく接近できました ↓

b0182301_20394666.jpg
1/750;5.6;Aperture Priority;0;Spot;ISO200


↓ 別の畔(あぜ)でも休んでいました。このコンクリート製の畔はケリたちに人気があるようで、遠くのほうにファミリーとおぼしき数羽がいました。

b0182301_20423565.jpg
1/125;5.6;Aperture Priority;+0.7;Spot;ISO200


羽伸ばし キタ━(゚∀゚)━!!

b0182301_20434845.jpg
1/320;5.6;Aperture Priority;+0.7;Spot;ISO200


埼玉在住の私はまだケリを見たことがありませんでした。中部地方なんかにはたくさん生息しているのでしょうか。「うわーケリがこんなに! スゲー」とか思いました。同時に、「写真を撮ってる人が一人もいないなんて!」とも思いました。

図鑑で見ていたときには「チドリの仲間なのにハトみたいでヘンなの」と思っていましたが、実物を見るとかっこいい鳥でした。特に、飛んでいるときの翼の長さが印象的です。翼の一部が白くなっているのも素敵です。そういうデザインだとは知りませんでした。妻は、「ケリーケリー」とも聞こえる鳴き声も気に入っているようです。写真を見た母は、先の黒いクチバシが (・∀・)イイ! と言っています。私の周囲でケリの人気は急上昇しています。
[PR]
by shironek0 | 2009-06-06 21:11 | 野鳥