タグ:コサメビタキ ( 3 ) タグの人気記事
ルリビタキとコサメビタキ
2009年 06月 25日
長野旅行で撮った写真も残り少なくなってきました。1週間くらい北海道に滞在したいものです。

さて。6月17日に霧ヶ峰に行きました。その帰りに麦草峠からほど近い白駒池に立ち寄りました。「なにかいたらラッキーだな」くらいの軽い期待を持って臨んだその先には、この世のものとは思えないほど幻想的な苔むす林床が広がっていました。風景を撮り損なったことを後悔しています。

さて、それで、白駒池ではミソサザイ、キクイタダキ、ルリビタキを見ることができました。唯一撮れたのはルリビタキです。ヒ、ヒ、ヒと鳴きながらポっと目の前に現れました。

b0182301_21144987.jpg
Nikon D100,Ai AF-S Nikkor ED500mm F4D(IF) + TC-14E
1/250;F5.6;Aperture Priority;0;Spot;ISO800 (SS以外、以下同じです)


夏にルリビタキを見る、ということがなんだかとても不思議な感じでした。「いってらっしゃい」と家人を送り出しリビングでコーヒーを飲んでいたら、なぜかベランダにその家人がいる、といったときに味わうであろう気分です。

まあとにかく、夏でも冬でも、この鳥はラブリーです。夏に会えてトクした気分です。

ラブリーついでにコサメビタキさんを。こちらは6月12日に戸隠で撮ったものです。

b0182301_21201850.jpg
1/60


ピンボケなんですが、縮小したらそんなに気にならなくなりました。しかしせっかくの愛らしい姿が台無しなことには変わりありませんね。次の写真は場面としてはかなりいいと思うのですが、ボケていました。手振れでしょうかね。やれやれです。露出も合ってなかったですし。

b0182301_21272032.jpg
1/125


何かひとつくださると言うのなら、羽虫はいらないので、その代わりにチャンスを無駄にしない腕をください。
[PR]
by shironek0 | 2009-06-25 21:32 | 野鳥
コサメビタキの子育て
2009年 06月 14日
※虫が苦手な方、いちおうご注意ください。

私の中でスーパーラブリーに認定されている鳥が現在のところ2種類あります。ひとつはコヨシキリで、もうひとつが今回ご紹介するコサメビタキです。6月11日、12日の戸隠森林植物園では、何箇所かでコサメビタキを見つけることができました。

b0182301_11341021.jpg
Nikon D100,Ai AF-S Nikkor ED500mm F4D(IF) + TC-14E
1/640;5.6;Aperture Priority;0;Spot;ISO640


コサメビタキの動きを目で追っていると、けっこう簡単に巣が見つかるようです。特に探したいと思っていたわけではないのに、今回は3箇所で見つかりました。そのうちの写真が撮りやすい巣で、子育ての様子を観察することができました。写真の枚数が多いですが、よかったらご覧くださいませ。

以下、少しトリミングしてあります。データはSS以外共通です。
Nikon D100,Ai AF-S Nikkor ED500mm F4D(IF) + TC-14E
6.3;Aperture Priority;0;Spot;ISO800 (6.3と1段絞っているのは、わざとではありません。いつのまにか、そうなっていました^^;)


1.巣を発見。抱卵中? しかしなんてラブリーな。
b0182301_1285838.jpg
1/250

2.オスが近くに来たようです。口を大きく開いておねだり体勢。
b0182301_12103771.jpg
1/1000

3.エサを渡したようです。渡したらオスはすかさず反転して去っていきます。
b0182301_1210472.jpg
1/750

4.エサをもらったメス。食べるのかな・・・?
b0182301_12105727.jpg
1/640

5.・・・と思ったら、雛に与えました。抱卵じゃなくて抱雛(ほうすう)していたようです。雛はまだ孵って間もない感じでしょうか。片道1時間で行けるなら毎日見にいくんだけどなぁ。
b0182301_12111375.jpg
1/640

6.エサをやったら、次は糞のお掃除です。捨てにいくのではなくて、食べちゃいました。
b0182301_12112279.jpg
1/750

7.そしてまた抱雛。
b0182301_12113122.jpg
1/500

8.「ぬぬ、ご飯来た?」
b0182301_12113970.jpg
1/400

9.働き者のオスがまた獲物を運んできました。
b0182301_12114862.jpg
1/640

10.小さな羽虫を受け取ったもよう。
b0182301_12115798.jpg
1/640

11.また雛にやりました。
b0182301_1212677.jpg
1/500


森のはずれの明るい林で、だまって子育てをしていました。雛もまるで声を出しません。このように寡黙なところも、この鳥の萌え要素だと思います。

『山渓カラー名鑑 日本の野鳥 第2版』によると「かつては東京都区内にも普通に繁殖していたという」とあります。うちの近所にも戻ってきてくれないかなぁと願うばかりです。探したら見つかるかしら・・・

また同書には、「巣立ちまでの日数は12~14日位」とあります。来週前半くらいに巣立ち雛が見られるかも? ううう、見に行きたい。きっと妻は「お金あるの?」と問いただすでしょう。「ない」とこたえる自分の姿が目に浮かびます><
[PR]
by shironek0 | 2009-06-14 12:58 | 野鳥
コサメビタキ
2009年 05月 19日
昨日の伊香保で撮ったのはコルリだけではありません。月も撮りました。ちなみに、月にピントを合わせても無限遠にはなりませんでした。恐るべし超望遠レンズ。

b0182301_2023952.jpg


いやそうじゃなくて、鳥の話しです。

水飲み場でシジュウカラやコガラを見ていたとき、目の端を何かが横切りました。双眼鏡で見てみたら、地味なんだけど妙にかわいい鳥が止まっています。大きくつぶらな瞳がむちゃくちゃ愛らしいこの鳥はなんなんだ?

妻に聞いたところ、どうやらコサメビタキのようです。名前は聞いたことがありますが、意識したことはまったくありませんでした。まさか見られるなんて、想定したことすらありません。こんなに萌え度の高い鳥に出会えて、ほんとうによかったです。一発でファンになりました。

b0182301_20152730.jpg
Nikon D100,Ai AF-S Nikkor ED500mm F4D(IF) + TC-14E
1/80;5.6;Aperture Priority;0;Spot;ISO640


見上げるアングルが厳しいですが、なんとか撮れてホっとしています。いつの日か、目線の高さで撮ってみたいものです。
[PR]
by shironek0 | 2009-05-19 20:19 | 野鳥