タグ:コヨシキリ ( 2 ) タグの人気記事
コヨシキリ
2009年 06月 18日
今日ご紹介するのはスーパーラブリーの一翼を担うコヨシキリです。6月9日に霧ヶ峰で撮影しました。

この日見かけたコヨシキリはこの1羽きりで、しかも同じ場所でさえずっている場面のみでした。そのため情景のバリエーションがちっとも増えませんでした。似たような写真が続きますが、微妙な変化に注目していただけると幸いです(写真を撮る方にとっては、絞り値の違いに示唆が含まれるかも?)。

シャッタースピードと絞り値以外、データ共通です。また、すべて少しだけトリミングしてあります。
Nikon D100,Ai AF-S Nikkor ED500mm F4D(IF) + TC-14E
Aperture Priority;0;Spot;ISO200


↓ ここがお気に入りの場所のようです。さえずっているところを発見しました。
b0182301_11595924.jpg
1/750;5.6


↓ 一歩前進して鳥のサイズをアップ。後頭部がほんの少し、毛羽立っています。「いつかオオヨシキリさんのように立派な男になるんだ!」という願いをこめてさえずっているように見えてしかたありません。「いや、どうか今のままでいてください」と心の中で叫ぶ私。
b0182301_1262628.jpg
1/640;5.6


↓ 振り向いた姿に萌える人もいると聞きます。
b0182301_127413.jpg
1/640;5.6


↓ 正面顔に萌えるというのは聞いたことがありませんが、コヨシーはどう見たって愛らしいです。
b0182301_1285085.jpg
1/640;5.6


さて、ここまでは開放絞り(5.6)で撮ったものですが、次の3枚は一段絞った6.3です。同じ情景にずっと接していたので、絞ってみようかと思いつくだけの気分的な余裕が私の中に生じたようです。

↓ おすましポーズ。カワイイ!
b0182301_12124522.jpg
1/500;6.3


↓ てっぺんまでのぼってまたさえずり。
b0182301_12134978.jpg
1/640;6.3


↓ お尻の下に白いものが写っているのですが、これはなんなんでしょう? 綿っぽい種かあるは糞か?
b0182301_1215778.jpg
1/640;6.3


ええと、正直なところ、絞った効果はよくわかりませんです。その気になって見れば鳥全体がいくらかシャッキリしたような気がしないでもないのですが・・・

↓ しかしF8まで絞るとさすがにシャッキリします。
b0182301_12192962.jpg
1/350;8.0


確かに鳥の姿がシャッキリと写るのですが、同時に背景にもシャッキリ感が出てしまいました。少なくともこの情景の場合、何がなんだか分からないくらいに背景が溶けちゃってたほうが、やっぱりいいような気がします。右目にピントが合うと左目がボケる、というくらい鳥との距離が近いときには、ガッツリ絞ってみるのも有効かも? なんだかいろいろあって、写真って難しいですね。
[PR]
by shironek0 | 2009-06-18 12:37 | 野鳥
霧ケ峰
2009年 06月 09日
まったく鍛えられていないIMEは「切り紙ね」と変換するんだそうな。

午前6時ごろ、霧ケ峰に到着。あたり一面の霧で動揺する私A。

私A: アワワ、こんな霧じゃ撮れないよー
私B: オオー、さすが霧ケ峰!
私A: いや、感心するところじゃなくて
私B: そのうち晴れるから、それまでにポイント探ししておきなよ

比較的冷静な私Bの助言に従って散策してみました。途中で出会ったモズを試しに撮ってみたのですが、モヤのかかった写真にしかなりません。

b0182301_162185.jpg
Nikon D100,Ai AF-S Nikkor ED500mm F4D(IF) + TC-14E (以下同じ)
1/200;5.6;Aperture Priority;0;Spot;ISO200


霧は8時ごろには晴れました。3種類の小鳥たちが気前よく相手をしてくれました。それぞれについて、1枚ずつ選んでみました。

ノビタキ・オス
b0182301_16121898.jpg
1/500;5.6;Aperture Priority;0;Spot;ISO200


ノビタキ・メス
b0182301_16132317.jpg
1/500;5.6;Aperture Priority;0;Spot;ISO200


ホオアカ
b0182301_16143678.jpg
1/400;5.6;Aperture Priority;0;Spot;ISO200


そして今回いちばん撮りたかったコヨシキリ
b0182301_16154392.jpg
1/640;6.3;Aperture Priority;0;Spot;ISO200


何年か前に訪れたときはビンズイもたくさんいたのですが、今日は見当たりませんでした。まだ時期が早いのでしょうか?

ホオアカとノビちゃんはあちこちにいました。彼らのお気に入りの場所で待っていると、ちょくちょく出てきてくれるようです。

コヨシキリを見るのは初めてです。しかし「さわやか自然百景」でさえずり声を聞いておいたので、いることはすぐに分かりました。立ち入り禁止の広大な草原の中ほどにいるようです。いっとき諦めかけたのですが、いくらか歩いていたら、草原の端のほうで鳴いている子を見つけて、撮ることができました。おかげで今日の霧ケ峰は大満足です。

ちなみに、今日は一日、真冬用の防寒着を着ていました。晴れると暑くなりそうですが、今日のような曇った日は防寒装備でちょうどいいみたいです。お出かけの際には念のため用意しておくといいかもしれません。

明日は天気が心配ですが、ライチョウに会いにいくつもりです。
[PR]
by shironek0 | 2009-06-09 16:36 | 野鳥