タグ:スズメ ( 19 ) タグの人気記事
スズメとオオバン
2011年 12月 21日
レンタルビデオ屋さんに行ってみたら、目当ての映画3本のうち2本が貸し出し中だったものだから、
何も借りずに帰ってきました。
レンタル料値下げキャンペーンが効果を発揮しているようです。
この冷え冷えとした屋外で遊ぶよりも、暖かくした部屋の中でビデオでも観て過ごしたい、
と思うのは私だけではないようです。まあそれが普通ですよね。

バス釣りをしていたころなんて、
竿先の水滴が凍るような早朝からボートに乗って霞ケ浦に浮かんでいたものです。
ヘラ釣りをしていたころも、エサが凍るような早朝から桟橋にあぐらをかいていたものです。
ゴルフをやり始めたころも、ティーが刺さらないほどカチカチに凍ったティーイングラウンドで
震えながらドライバーを振り回していたものです。
最近、そういうバカみたいな情熱が湧かなくなってきました。
これは幸せなことなのか、その逆なのか?

さて、数日前に撮った写真の余りものからスズメ
ベンチに座っていた私の足元にまでエサを探しにくるほど、人なれしていました。
他の野鳥たちにも見習ってほしいものです。
b0182301_10133856.jpg


続いて、ヒドリガモやカルガモたちが集う池に1羽だけ混じっていたオオバン
b0182301_10375472.jpg

b0182301_1038010.jpg

このオオバンは、散歩の人からカモたちに与えられるエサを目当てにしているようでした。
人から与えられる可能性のある危害と恩恵を秤にかけた結果、恩恵のほうが大きい、
とこのオオバンは見積もったのかもしれません。

この太字部分のような書き方が妥当だとするならば、オオバンには知性がある、と言えそうです。
多くの動物たちには、人間の言葉にある程度翻訳できるような知性(とでも呼ぶべきもの)が
備わっているんじゃないかしら、とときどき思うものですから。
ウィリアム・コッツウィンクルの『ドクター・ラット』に描かれているような動物たちの世界も、
実はちょっとはあったりしてね、とか思わないでもない今日このごろです。

↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-12-21 10:50 | 野鳥
オオバンの額板
2011年 11月 16日
越辺川の様子を見に行ってきました。
オオバンが目の前を横切っていきました。
顔が黒くて目が出にくいオオバンですが、今日は順光側に位置をとっていたので赤い目を写すことができました。
b0182301_1128348.jpg

目と目とあいだの白っぽい部分を「額板」と呼ぶのだそうです。
次の写真は別の個体ですが、上の写真の個体に比べて額板がかなり小さい。
若い? あるいはメス? それとも単なる個体差?
b0182301_1131352.jpg

藻を咥えている個体も泳いでいました。
b0182301_11325289.jpg


ざっとオオバンを撮ったあと、帰り道の途中にある農耕地に立ち寄りました。
しかしここではモズスズメを撮っただけに終わりました。
b0182301_113807.jpg

b0182301_1138823.jpg


↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-11-16 11:39 | 野鳥
カルガモ
2011年 07月 08日
愛知県の実家に滞在しています。
暇だったので藤前干潟に行ってみることにしました。
伊勢湾岸自動車道を使えば30分くらいで到着します。

暑さがいくらかマシな午前中に行ったのですが、満潮に近い時間帯だったので、
肝心の干潟ははるかかなたにわずかばかり残されているだけでした。
撮れたのは結局、干潟に関係ないものばかりです。

たとえばカニ。
干潟チックな泥の地面にもたくさんいましたが、コンクリートにいたものを撮りました。
こっちのほうが背景が抜けていいかなと思ったものですから。
b0182301_1638353.jpg


あるいはスズメ。これは若鳥でしょうかね。
b0182301_16383892.jpg


そして今日の主役はカルガモです。
b0182301_16395284.jpg


羽のお手入れ。
b0182301_16402984.jpg


伸び。
b0182301_16405141.jpg


バタバタ。
b0182301_1641766.jpg


苦労のわりに得るものが少ない季節です┐(´ー`)┌

↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-07-08 16:43 | 野鳥
器用な(横着な?)スズメ
2011年 04月 28日
葛西臨海公園のベンチでぼんやりしていたときに撮ったスズメです。
最短撮影距離(5メートル)の内側に入ってくるくらい、人なれしていました。
b0182301_19225213.jpg

何かに驚くと、上の写真のようにテーブルやベンチの上に避難するようです。
そうでないときは、地面でエサをとっていました。
ちなみに、ぼんやりと写っている黄色いものはセイヨウタンポポです。
b0182301_1931889.jpg

b0182301_1929182.jpg

ある個体は巣材を咥えていたのですが、そのままエサを食べることもできるようです。
羽毛を咥えつつ、虫を食べようとしています。
器用というべきか、横着というべきか。
b0182301_19322915.jpg


↓クリックしても、害はないと思います。お手間でなければぜひ!
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-04-28 19:48 | 野鳥
とりとめもなく、シメとスズメ
2011年 04月 12日
昨日撮ったシメの写真。
冬のあいだ薄ピンクだったクチバシが、青っぽくなっています。
b0182301_15234942.jpg


シメとは関係なく、スズメ
b0182301_15251691.jpg


上の2枚は曇りっぽい雰囲気ですが、最後は晴れっぽい写真。
b0182301_1526145.jpg


このスズメが止まっている倒木は、誰かがクロジ撮影用に組んだものだと思います。
スズメの足もとにはコゲラが掘ったような穴があいていて、ここに粟かなにかを仕込んであるようです。
スズメたちがかわるがわる、エサをとりにきていました。

↓クリックしても、害はないと思います。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-04-12 15:47 | 野鳥
サンヨン1.7倍
2011年 03月 23日
近所のガソリンスタンドは依然、一般車両への販売を見合わせているようです。
写真を撮るために車を出す気になれません。

そこで登場するのがサンヨン(Ai AF-S Nikkor ED300mm F4D IF)です。
これに1.7倍のテレコン(TC-17E II)を付ければ、野鳥撮影の機材として悪くないのでは?
ゴーヨンに比べれば断然軽いので、気軽に持ち歩くことができます。
公共交通機関で移動する場合にも使えそう。

そんなわけで先日、撮れ具合を近所で試してみました。

花壇のスズメ
b0182301_10442720.jpg

花壇のムクドリ
b0182301_10451172.jpg


■■■焦点距離
上の写真を見た感じ、焦点距離は、十分、実用に耐えるような気がします。
数値で考えてみると・・・

300mm×1.7=510mm

愛用のNikon D100はAPS-Cサイズなので、この1.5倍くらいの焦点距離になりましょうか。

510mm×1.5=765mm

「600mmのレンズを使って35mmのフィルムに写す」という、一昔前の基本構成よりも、画角は狭い勘定です。
焦点距離に不足はありません。

■■■開放F値
開放F値は6.7と暗くなりますが、晴れた日であればまったく問題ないように思います。
フィルムカメラと違ってISO感度を自由に設定できるので、暗さには対応しやすいですし。
もちろん、ホバリングするカワセミの翼を止めたい、なんていう場合には不利ですけれども。

ちなみに、スズメのSSは1/500、ムクドリのSSは1/800です。
ISO感度はいずれも200(これがD100の最小値)。
これくらいのシャッタースピードがあれば十分です。

■■■AF
テレコンを付けない場合に比べて、AFは明らかに遅くなると思います。しかも迷いやすい。
ゴーヨンにテレコンを付けたときと比べても同様です。

「ある程度マニュアルでピントを合わせてからAFを作動させる」という使い方がいいのかも。
ゴーヨンを使うときは、暗いとか逆光とか、条件の悪い場合を除いて、マニュアル操作をほとんどしません。
なのでピント合わせが下手なのですが、サンヨン+テレコンの場合はマニュアル操作を積極的に取り入れたほうがいいのかも。

■■■最短撮影距離
サンヨンの最短撮影距離は1.45mです。
ゴーヨンの5mに比べて圧倒的に短い。
この性質は、花や虫を撮るときに威力を発揮します。

キタテハ
b0182301_11265767.jpg

ミツバチ(たぶんニホンミツバチ)
b0182301_11272778.jpg

虫や花を撮るのが主目的のときはやっぱり90mmマクロが一番だな、とは思いますが、
出くわした生き物はなんでも撮りたい、という欲張った気分のときに重宝しそうです。

■■■まとめ
焦点距離(画角)は鳥を撮るのに十分かと。
開放F値が6.7と暗くなるのは、さほどの問題ではないような。
AFは使いにくくなりますが、そこは腕を上げることで補いたいです。
最短撮影距離が短いので、虫や花を撮るのにも使えそう。

それと、画質についてなんですが。。。
サンヨンの画質はひときわシャープな感じがします。
ゴーヨンのしっとり感ある画像と比べると、「硬い」とも言えるかもしれません。
だからどう、というわけではありませんし、私の感覚が正しいかどうかもわかりませんが、ご参考までに。

↓クリックしても、害はないと思います。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-03-23 11:54 | 野鳥
クロジとおじさん
2011年 03月 08日
近所のビオトープの様子を見に行ってきました。
たいして広くもない公園ですが、冬場はそれなりに鳥がいて、けっこう楽しめます。
近ごろはハチジョウツグミの影響からか、意外と大勢の人でにぎわっています。
今日も、見知らぬ6人ほどがハチジョウエリアにつどっていました。
一方、常連のみなさんはレンジャクがお目当てのようで、1羽のレンジャクに10人ほどが群がる盛況ぶり。

私は混雑が苦手なので、いつものように適当に歩いて、出くわした鳥を撮ってきました。
そうやって出くわすのはスズメだったりするわけですが^^;
それでも、いい場所で撮れるとけっこう嬉しい。
b0182301_20201264.jpg


もひとつ出くわしたのが常連のおじさん。
藪に向かって一人で腰かけている風情がなんだかさびしげだったので、声をかけてみました。
以前、「オレはもう餌付けなんかやめたんだ」と、まるで改心したかのように語っていたおじさんですが、
お立ち台に粟を仕込んでクロジの出番を待っているのだとかw
クロジは見たことすらないので、雑談しながらしばらくいっしょに待ってみました。
ほどなく、おじさんの予言どおり、藪の中から飛び出してきてくれました。

ポートレイト。片足を上げているところがチャームポイント。
この写真はドアンダーだったのですが、そこはPhotoshopのトーンカーブで。
(ブレやピンの甘さはPhotoshopでも直せませんが。。。)
b0182301_2025352.jpg


次の3枚はまずまずの露出&ピントでした。
b0182301_2027964.jpg

b0182301_20272031.jpg

b0182301_20272734.jpg


クロジって、けっこうかわいいですね。色も渋くて、なかなかすてきな鳥です。

ちなみに、今日も「ゴーヨン+1.7倍」で撮りました。
最後の3枚はSS 1/80秒ですが、一脚でもなんとかなるもんですね。

↓クリックしても、害はないと思います。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-03-08 20:38 | 野鳥
1.7倍で撮るスズメとカイツブリ
2011年 03月 03日
おととい注文して昨日届いた1.7倍テレコン「TC-17E II」。
ネットとクロネコヤマト、最高!
さっそくこのテレコンをAi AF-S Nikkor ED500mm F4D(IF)に取り付けて、鳥を撮ってきました。

人なれしたヒドリガモがたくさんいる公園。
今日もカワセミ狙いの写真家のみなさんが並んでいます。
私は隣の池に向かいます。
とりあえずベンチに腰かけて池の様子を観察。
広場でカモたちにパンを与えている人がいます。
そのおこぼれにあずかったスズメたちが、私のほうにやってきました。

カラスの鳴き声に反応して上を見るスズメ。
1/800; F6.7(開放)
b0182301_14513586.jpg


せしめたパンくずをくわえたまま、地面に降りたところ。
オオイヌノフグリがいい感じに咲いています。
1/400; F6.7(開放)
b0182301_14534760.jpg


草の種をくわえたままおすましポーズ。
1/640; F6.7(開放)
b0182301_14542698.jpg


ひとしきりスズメを撮ったところで、池の鳥を狙います。
主にヒドリガモを撮っていたのですが、その中にさりげなく、1羽のカイツブリがまじっていました。
こんなに近い距離で撮らせてもらったのは初めてです。
1.7倍ということもあって、フレームいっぱいに撮ることができました。

1/200; F6.7(開放)
b0182301_1515812.jpg


1/250; F6.7(開放)
b0182301_152257.jpg




「ゴーヨン+1.7倍」の使用感を少々。

AFのスピードは、1.4倍使用時と変わらないように思いました。
ただし、1.4倍に比べて若干、迷いやすいような気がします。
とはいえ、実用上、問題ない程度だと感じました。

画質や光量といった微妙な点に関して、私はよく分からないのですが、
今日撮れた程度に撮れていれば私としては十分です。

いつものように一脚を使って撮ったのですが、焦点距離が伸びたぶん、ブレが増えたかもしれません。
それでも、1/160で止まっている写真もあったので、一脚でなんとかなりそうです。

これまで、2倍テレコンはよっぽどの場合にしか使ってきませんでしたが、
1.7倍は常用できるんじゃないかと期待が高まっています。
鳥が遠いときや、ガツーンと大きく写したいとき、TC-17E IIが大いに活躍する予感。

↓クリックしても、害はないと思います。
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
[PR]
by shironek0 | 2011-03-03 15:29 | 野鳥
雪と鳥
2011年 02月 16日
雪が残る北本自然観察公園で昨日撮った鳥3種。

カシラダカ
b0182301_14231173.jpg

ツグミ
b0182301_1423207.jpg

スズメ
b0182301_14232899.jpg

[PR]
by shironek0 | 2011-02-16 14:24 | 野鳥
ベランダスズメ
2010年 06月 19日
スズメの巣立ち雛がベランダに迷い込んでいるのを妻が発見しました。
すかさず300mmF4を付けてベランダへ。
スズメから遠いほうの出口から静かにベランダに出て撮ってみました。
b0182301_1754893.jpg

ISO640に設定しても30分の1秒という暗さ><
手持ちで無理やり10枚ほど撮ってみたのですが、ほとんどブレていました。もしくはピンボケ。
上の写真がいちばんマシだったものです。

このあとスズメは隣の部屋のベランダへと去っていきました。
無事に親元に帰れたでしょうか・・・
[PR]
by shironek0 | 2010-06-19 17:58 | 野鳥