タグ:ミヤマカケス ( 1 ) タグの人気記事
亜種?
2010年 05月 13日
6時ごろ目を覚まし、外を見ると、昨晩降っていた雨は上がっていました。
曇り空ではありますが、カメラを持って歩きまわることができそうです。
風がいくらか吹くという予報だったので、風の影響が比較的少ないであろう林に行くことにしました。

北海道大学苫小牧研究林の入口の池のところからスタートです。
b0182301_1705347.jpg

写真右側に川が流れ込んでいます。この川に沿って歩くことができます。
上流のほうにはもう1つ大きな駐車場があって、後半はそちらで過ごしました。
今日は奥のほうが成果が多かったです。

ところで、手前の池の看板には「演習林」と書いてあります。
一方、奥の駐車場の看板には「研究林」と書いてあります。
どういうことだろう。。。

さて、今日は何種類かの鳥を撮ることができたのですが、その中から北海道チックな亜種3種を集めてみました。

まずはコガラもしくはハシブトガラ
北海道にはどちらもいるらしいのですが、下の写真がどちらなのかは分かりません。
区別できないんだから分類しても意味をなさないんですけれども、もしかしたら本州では見られないハシブトガラかも?
といった具合に、なんとなくうれしい気分になっています。
細かな種がどうであれ、ラブリーな鳥であることは確かです。
b0182301_1710446.jpg

b0182301_17101844.jpg

ピン甘だったので小さめに縮小しました。上の2枚は同一個体です。
頻繁に見かけたのですが、なんとか撮れたのは次の1枚だけです。
その気になって見ると、クチバシがちょっと太めなような気がしないでも・・・
b0182301_17103033.jpg


続いてゴジュウカラもしくはシロハラゴジュウカラ
北海道にはシロハラゴジュウカラしかいないのか、両方いるのか、よく分かりません。
シロハラというくらいだからお腹が白っぽいらしいのですが、やっぱり私には判別できません。
なのに内心うれしいというw
b0182301_17173768.jpg

↑樹皮の感じが寒冷地チックに思えるのですが、気のせい?
↓ゴジュウカラといったらやっぱりこのポーズですよね。
b0182301_17174641.jpg

どうでしょう、本州のものと違うような感じがありますか?
私にはさっぱり分かりません。

しかし次の鳥は違いが分かります。
b0182301_17223215.jpg

特に次の写真が分かりやすいと思います。
本州のカケスはアブドラザ・ブッチャー(昔の悪役レスラー)みたいな顔つきをしていますが、このカケスは違います。
明らかにやさしい雰囲気の顔をしています。
これは私のようななんちゃってバーダーにとっても、きちんと分類する価値があります。
ミヤマカケスです。
b0182301_17224493.jpg

背中の色味も違ったりするのでしょうか?
そのへんは私にはよく分かりませんが、なんとなく違うような気がします。
b0182301_1723237.jpg


あとはセンダイムシクイ、キビタキ、ヤマガラ、カワセミ、マガモ、キンクロハジロを撮りました。
キクイタダキとキバシリが撮れなかったのが心残りです。
冬でも夏でもない中途半端な時期ですが、案外いろんな鳥に出くわしました。
しかし今日いちばんうれしかったのはエゾリスだったりします。これはまたいずれ。
[PR]
by shironek0 | 2010-05-13 17:47 | 北海道2010年5月