タグ:ルリビタキ ( 13 ) タグの人気記事
餌付けパワー
2010年 02月 09日
狭山の公園の林を歩いていたときのこと。
双眼鏡で何かを見ている人を発見。
そして双眼鏡の先にルリビタキを発見。

写真を撮っている人がいなかったのでソソソと近寄って待つこと数分。
なんとも具合のいい切り株に止まってくれました。
b0182301_2293425.jpg


しばらくすると写真家夫婦が現れ、「餌付けですか?」と尋ねます。
「いえ、違いますよ」という私のこたえに対して、「餌を置いてもいいですか?」と言います。
「どうぞどうぞご遠慮なく」と笑顔でこたえ、一緒に写真を撮ることにしました。
b0182301_22132276.jpg

なんとも具合のいい切り株に止まってくれたのは、それを人間が選んだからだったんですね。
b0182301_22132882.jpg


このルリ雄くんは人間にすっかりなれているようです。
「この子逃げないから大丈夫よ」とおばさんが太鼓判を押していました。
実際、餌をセットするおじさんの頭上の枝でエサを待っています。
おじさんが餌を置いて数歩下がると、すかさず切り株に降りてきます。

はじめのうち、切り株の後ろの枝がジャマだなぁと思っていたのですが、
これはわざと立ててあるのかもしれません。
b0182301_22164077.jpg

b0182301_2216491.jpg


そんなわけで、それらしい写真がいくらでも撮れる状況だったわけですが、
工夫したり苦労したり幸運に感謝したり、といったプロセスがまるでないものだからすぐに飽きてしまいます。
餌付けする人に文句はないんですけど、答えの分かっている問題を解くような感じです。
達成感やら感動やらお得感やらといった喜びが減っちゃうので損だと思うんですけど・・・
[PR]
by shironek0 | 2010-02-09 22:35 | 野鳥
ふわ鳥
2010年 02月 03日
ふわっとした感じに撮れた小鳥を集めてみました。
別の言い方をすると、撮れ具合の甘い写真ということなんですけれども。

まずはルリビタキ
1/125秒だったのでちとブレたかも。
b0182301_22331382.jpg


つづいてヤマガラ
1/200秒。ここに止まったのは一瞬だったので呼吸をととのえるヒマがありませんでした。
b0182301_2235677.jpg


最後はエナガ
1/320秒。この子も落ち着かないので、なかなかパリっと撮れませんです。
b0182301_22362694.jpg


ちなみに今日の写真はすべてトリミングしてあります。
ふだんは基本的にしないです。

トーンカーブでは軽くS字カーブをあてています(コントラストを上げる処理)。
ふだんは、(S字にせずに)明るさ調整だけすることが多いです。
まれに、まったくかけずに済むこともあります。

アンシャープマスクもほんのりとかけています(エッジをシャキっとさせる処理)。
これは毎回適用しています。
[PR]
by shironek0 | 2010-02-03 22:43 | 野鳥
2010年 02月 02日
せっかく雪が積もったので写真を撮りに行きました。

まずはコゲラ、というか雪の積もった枝というか。
b0182301_15221378.jpg


羽毛を濡らしながらもコゲラはせっせと枝をつついていました。
b0182301_15225041.jpg


ガビチョウはいつものように地面でエサを探していました。
クチバシが泥んこになっています。
もう少しレンズを右に振りたいところだったのですが、ガビチョウの忙しさについていけませんでした。
b0182301_15231836.jpg


ルリビタキはいつもより控えめな感じでしたが、
ついつい私の目の前に出てきてしまったようです。
b0182301_15241185.jpg

[PR]
by shironek0 | 2010-02-02 15:26 | 野鳥
ルリビタキ
2010年 01月 30日
近所の公園にルリビタキを見に行きました。

メスはあまり相手にしてくれませんでした。
下の凛々しいルリ子さんは1週間ほど前に撮ったものです。
ああいや、オスの若鳥なのかもしれませんが便宜的にメスということで。
b0182301_181636100.jpg


今日はオスが少し出てきてくれました。
こちらも凛々しい顔つきをしています。
b0182301_1817293.jpg


やさしい表情になったところも1枚。
しかし枝の影が背中に丸写りという・・・
b0182301_18172523.jpg


それはそうと、瑠璃色といったら大雑把に言って青だと思うのですが、今日は青いチョウを見かけました。
b0182301_18185028.jpg


ルリシジミではなくて、たぶんムラサキシジミです。
紫色には見えませんが、実際に存在するルリシジミと区別するためにムラサキと名付けられたのかも?

この時期、花や虫はほとんど見かけないのでもっぱら望遠レンズで鳥を撮っているわけですが、
マクロレンズを持っていればよかったなぁと思いました。
[PR]
by shironek0 | 2010-01-30 18:28 | 野鳥
地面に降りたルリビタキ
2010年 01月 18日
午前中、近所の公園に出かけました。空気が冷たかったです。
鳥のほうは、冷たいというほどでもありませんでしたが、
あまり相手にされませんでした。
というか、小さなチャンスに頻繁に恵まれたものの、
フレーミングやピント合わせに手間取って、ほとんどモノにできませんでした。
空気の冷たさが感じられなくなるくらいの集中力が必要なのかもしれません。

エナガ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラの混群に出くわしました。
かろうじて撮れたのはエナガの1枚だけでした。
b0182301_20241328.jpg


ルリビタキはたぶん私のことが嫌いです。
しかし枯葉を掃除するオバチャンたちは好きみたいです。
葉っぱの下から虫が出てくるからでしょうか。
休憩中のオバチャンたちの近くに座ってガビチョウを観察していたとき、
突然目の前に現れました。
b0182301_20271457.jpg

b0182301_20274732.jpg

距離は申し分ないのですが、どちらも向きが悪いですよねぇ。
こっちを向いてくれた場面で撮りたいものです。
[PR]
by shironek0 | 2010-01-18 20:31 | 野鳥
ルリ子さん
2010年 01月 05日
早起きしようと思って6時に目覚ましをセットしました。
朝のうちにササっとルリビタキを撮ろうという作戦です。
しかし起きたのは7時半でした。よくあることです。

ルリビタキが出そうな場所で待っていたらジョウビタキ・メスが出てきました。

b0182301_14175786.jpg


もっと接近できるかなと期待したのですが、案外あっさり去って行きました。
追いかけようかとも思ったのですが、
この場所にはシジュウカラやヤマガラやエナガの気配があったので、
街路灯の支柱に寄りかかったまましばらく待ってみることにしました。
支柱と一体化した甲斐あって、ルリビタキ・メスが突然背後から現れました。
もうほとんど最短撮影距離です。

b0182301_14213870.jpg


鳥の写真を撮るのって楽しいですね。
[PR]
by shironek0 | 2010-01-05 14:25 | 野鳥
ルリビタキ
2010年 01月 04日
ちょっとだけですけど、久しぶりに鳥見に行ってきました。
駐車場のすぐそばに、おめあてのルリビタキがいました。
しかしこのメスはなかなか用心深くて、ちっとも撮らせてくれませんでした。

公園内を少し歩いて別のポイントに向かうと、こんどはオスがいました。
通行人が多かったせいもあろうかと思うのですが、こちらも警戒心が強かったです。
そんなわけで、かろうじて1枚だけ。
ルリビタキのオスです。

b0182301_16215914.jpg


しかしカメラも日常的にさわっていないと、腕が鈍ってくるものですね。
今日は何度かチャンスがあるにはあったのですが、フレーミングするのに時間がかかってモノにできませんでした。
[PR]
by shironek0 | 2010-01-04 16:25 | 野鳥
ルリビタキとコサメビタキ
2009年 06月 25日
長野旅行で撮った写真も残り少なくなってきました。1週間くらい北海道に滞在したいものです。

さて。6月17日に霧ヶ峰に行きました。その帰りに麦草峠からほど近い白駒池に立ち寄りました。「なにかいたらラッキーだな」くらいの軽い期待を持って臨んだその先には、この世のものとは思えないほど幻想的な苔むす林床が広がっていました。風景を撮り損なったことを後悔しています。

さて、それで、白駒池ではミソサザイ、キクイタダキ、ルリビタキを見ることができました。唯一撮れたのはルリビタキです。ヒ、ヒ、ヒと鳴きながらポっと目の前に現れました。

b0182301_21144987.jpg
Nikon D100,Ai AF-S Nikkor ED500mm F4D(IF) + TC-14E
1/250;F5.6;Aperture Priority;0;Spot;ISO800 (SS以外、以下同じです)


夏にルリビタキを見る、ということがなんだかとても不思議な感じでした。「いってらっしゃい」と家人を送り出しリビングでコーヒーを飲んでいたら、なぜかベランダにその家人がいる、といったときに味わうであろう気分です。

まあとにかく、夏でも冬でも、この鳥はラブリーです。夏に会えてトクした気分です。

ラブリーついでにコサメビタキさんを。こちらは6月12日に戸隠で撮ったものです。

b0182301_21201850.jpg
1/60


ピンボケなんですが、縮小したらそんなに気にならなくなりました。しかしせっかくの愛らしい姿が台無しなことには変わりありませんね。次の写真は場面としてはかなりいいと思うのですが、ボケていました。手振れでしょうかね。やれやれです。露出も合ってなかったですし。

b0182301_21272032.jpg
1/125


何かひとつくださると言うのなら、羽虫はいらないので、その代わりにチャンスを無駄にしない腕をください。
[PR]
by shironek0 | 2009-06-25 21:32 | 野鳥
以前に撮ったルリビタキでも
2009年 02月 24日
今日は朝からずっと雨が降っています。写真を撮る気になれません。

庭のミカンはヒヨドリとメジロによってきれいに食べつくされていますが、撮るつもりがないし外に出るのが面倒なのでそのままにしてあります。明日には新しいミカンを刺してやろうかと思っています。

そんなわけで新しい写真はありませんが、たまたまルリビタキの写真が残っていたので載せておこうかと。

b0182301_17313766.jpg


たぶん2月18日に、川島でコハクチョウを撮ったあとに寄った物見山公園で撮ったものだと思います。
[PR]
by shironek0 | 2009-02-24 00:00 | 野鳥
ルリビ健在
2009年 02月 15日
物見山公園のルリビタキ(オス)はまだ旅立っていませんでした。陽気のいい日曜日ということで散歩の人やらが多く、シャッターチャンスはあまり訪れませんでしたが、証拠写真だけ撮っておきました。

b0182301_16404479.jpg


今日はルリビタキ以外の鳥と遊んできました。まずはシジュウカラ。この子はしきりにさえずっていました。春ですねぇ。

b0182301_16411768.jpg


続いてコゲラ。大好きな鳥のひとつです。動き回っているのでなかなか撮れません。この写真もぼんやりした感じです。が、私にとってはこれでもまだよく撮れたほう。

b0182301_16414627.jpg


最後にアオジ。アオジはいつも見かけるのですが、すぐに茂みに隠れてしまって、なかなか撮らせてくれません。日向には出てきてくれませんでしたが、今日はなんとか1枚。エサを食べるのに夢中になっていたようです。

b0182301_16421649.jpg
[PR]
by shironek0 | 2009-02-15 00:00 | 野鳥