ササゴイ
2009年 07月 10日
高麗川の堰に行ってきました。こんなところです。

b0182301_1812211.jpg


先客のバーダーさんとおしゃべりしながらササゴイを待ちました。待っているあいだに、近所の鳥情報をたくさんいただきました。お返しできる情報がなくて恐縮するばかりです。なまじゴーヨンなんか持ってるものだから「なかなかの鳥写真家」に見られがちな私ですが、鳥歴は浅く情報網もまるでないし識別もあやしいし写真もうまく撮れません。語るほどのものを持っていないので聞き役に徹しているのですが、そうすると親切に教えてくださる方が多いんですよねぇ。ありがたいことです。

さて、ササゴイは下流方向から飛んできました。あまり近くには来ないだろうと予想して2倍テレコンをセットしていたのですが、予想通りの距離にやってきました。

頭の羽毛が毛羽立っています。降り立った直後はもっと激しく毛羽立っていたのですが、その場面は撮れていませんでした><
b0182301_1827012.jpg
Nikon D100,Ai AF-S Nikkor ED500mm F4D(IF) + TC-20E (以下、同じです)
1/250;F8.0;Aperture Priority;+0.3;Pattern;ISO400


堰のエッジでエサをとろうとしているようです。身を低くして水面を見つめています。こんなに浅い角度でも水中の魚が見えるんでしょうか。たいした目を持っているものです。
b0182301_18295496.jpg
1/200;F8.0;Aperture Priority;+0.3;Pattern;ISO400


と、誉めてはみたものの、上の場所では魚を捕らえることができなかったようです。移動しはじめました。
b0182301_18322757.jpg
1/200;F8.0;Aperture Priority;+0.3;Spot;ISO400


どんどん近づいてきて、滝のような段差のところで立ち止まりました。なかなかいい顔をしています。
b0182301_18335839.jpg
1/125;F8.0;Aperture Priority;+0.3;Spot;ISO400


正面顔はもっといい感じです。
b0182301_18355212.jpg
1/160;F8.0;Aperture Priority;+0.3;Spot;ISO400


でもこの角度がいちばんかなぁ・・・
b0182301_18365333.jpg
1/250;F8.0;Aperture Priority;+0.3;Spot;ISO400


このあと段差を飛び降りて、コンクリートに取り付きました。クチバシの先が見えていないのは残念ですが、水しぶきが写っているところがちょっと嬉しい感じです。
b0182301_1838396.jpg
1/80;F8.0;Aperture Priority;+0.3;Spot;ISO400


結局ここでも魚を捕らえることはできなかったらしく、少し下流の浅瀬に移動したようです。見えない場所に行ってしまったので、撮ることができなくなってしまいました。魚をつかまえて飲み込む一連のシーンを、近い距離で撮ってみたいものです。

そういえば、ササゴイと言って思い出すのは撒き餌漁ですが、そういうそぶりはまったく見せませんでした。ここの堰で撒き餌をしてもすぐに流されてしまうので、有効な方法ではないということが分かっているのかもしれません。興味深い鳥です。
[PR]
by shironek0 | 2009-07-10 18:51 | 野鳥


<< セグロセキレイの若鳥 セグロセキレイのファミリー >>